12月 16th, 2014

みなさんはじめまして、こんにちは。

みなさんはじめまして、こんにちは。

Yutaさんからインターン生 を引き継いだNobuと申します!

これからはCPILSの日本人スタッフであるHayamiさん、Wonさんのサポートをしながら、

自分も生徒の皆さんと同じように英語をしっかり勉強していきたいです。このブログも引き続き更新していきます。

さてさて、この僕もつい1ヶ月とちょっと前までは生徒として短期間CPILSで英語を勉強をしたわけですが、

今回はそんな僕が二ヶ月と一週間、CPILS の生徒として英語を勉強した経験を通してCPILSの良さを少しでもお話をできればなと思います。

英語学校であるCPILSには主にESL(一般コース)、スパルタコース、IELTSコース、TOEICコース、ビジネスコースがある中、僕はスパルタコースを選びました。理由は短い期間で大きな英語力の向上を目指したかったからです。

スパルタコースは朝の8時から夜の9時30分までと、文字通り朝から晩まで英語漬けの日々でした。

もちろん最初はキツかったです。ずっと日本に居た自分にとっては、寝て起きても常に英語を使うという環境には想像以上に大変なものでした。しかし、英語力を向上したい一心で頑張り続けた結果、ふしぎな事に少しずつ日数を重ねていくうちに身体はその生活リズムに順応していって、果てに日常英語を喋る事に抵抗がなくなり、英語を英語として聞いて理解できるようになってきたと実感しました。

泳げるようになるにはまず水に飛び込む事と一緒のように、英語の実力を総合的に上げるには英語を常に必要とする環境に飛び込む事が重要だと再認識されました。

その点で、CPILSは英語を学ぶ環境として最高であったと、今までここで勉強してきた自分は感じました。

生徒さんには日本人、韓国人、台湾人、ロシア人が居て、こんなにも国際色に富んだ語学学校はセブの中でもそうはないと思います。

英語力を向上させるだけなら、意識さえあれば日本でも十分できると言う人もいますが、やはり現実はそう簡単にうまくいかなかったりと、難しい面も多々あると思います。やはり環境というのは一つの大切な要素であると思います。

もし今日本に居て語学留学をしようと悩んでいる方がこのブログを見ている人の中にいましたら、

これをきっかけにCPILSでの語学留学を一考していただければ幸いです。

これからもどうかよろしくお願いします。

では今日はこの辺で…

 by Nobu

Comments are closed.