3月 2nd, 2015

Santo Nino Church!!

皆さんこんにちは!

毎度おなじみのnobuです〜

今回行った場所は、CPILSから近いからいつでも行けるという理由で今までずっと足を運ばなかったところなんですが、

同じ方向に用があったので折角だから寄ってみようということで行っちゃいました!

その場所というのは、、、

st1.jpg

st2.jpg

こちら!

Snato Nino Churchです!

こちらはスペイン統治が始まった頃(1565年)に建設されました。

また、こちらはフィリピン最古のローマンカトリックの教会で、幼少期のイエスキリスト「サントニーニョ」を祀っております。

フェルディナント・マゼランがサントニーニョ像を当時セブを支配していた国王の妻、ファナ女王に贈り、

その像が教会に保管されるようになったそうですね。

people.jpg

「サント」はスペイン語で「聖なる、神聖な」を意味し、「ニーニョ」は「男の子、少年」を意味します。

つまり、、、

「聖なる少年=幼少期のイエスキリスト」

となる訳なんですね。納得です、はい。

statute.jpg

garden.jpg

water.jpg

garden2.jpg

このサントニーニョ教会はフィリピンがキリスト教圏の国になった 発祥の地です。

そして、フィリピンの歴史を語る上でひ・じょ〜〜に大切で外せない場所にもなっているのですね。

語学学校から歩いて約10分ちょっとしたところにこのようなホットスポットがあるのは滅多に無いことです。

ですのでCPILSに留学に来た際には是非暇なときには一度ぶらっと寄ることをお勧めします ! 

きっと今まで見れなかったフィリピン、及びセブの新しい一面がみえるようになると思いますよ^^

それでは今日はこの辺で…

nobu

Comments are closed.